About us会社概要

ごあいさつMessage

当社は、CNCスウェージング機械と部品加工を通して、塑性(そせい)加工の発展に寄与すべく、製品開発を行っております。また、小型から大型まで保有のスウェージング機にて、チタンなど非鉄金属から鉄まで様々な試作加工を行っております。

スウェージングの研究を通して、社員の一人ひとりの良い面が商品やサービスに活かされ、蓄積された熟練の技術と、新しい感覚で製品開発・用途開発し続けることが当社のミッションです。"モノ作り"の原点を忘れずに、スウェージング加工技術世界一を目指し、社会へ貢献します。

代表取締役 武澤 清則

会社概要About us

株式会社ジャロックは、1970年創業者が地場産業の眼鏡部品の機械を製造する鉄工所として設立。1981年に世界初のCNCスウェージングマシンJAROC-ACE SW-8003を開発。切粉を出さないため、材料歩留まりが良く眼鏡部品メーカーを中心に販売。その後、機械を大型化しSW-20 SW-30 SW-40を開発。CNC制御で精度が良いJAROC-ACEは、現在、自動車部品メーカーを中心に販売実績を伸ばしている。

名称 株式会社ジャロック
代表者 武澤清則
所在地 福井県福井市下河北町22-1
電話番号 0776-38-6500
FAX番号 0776-38-6200
創業 1965年9月
設立 1970年7月
資本金 2,000万円
従業員数 41人
本社・工場 〒919-0321 福井県福井市下河北町22-1
E-mail main@jaroc.co.jp
ISO9001 2004年取得

沿革Company History

1965年9月 福井市若杉町に創業。弱電部品、電子部品の加工や組付け用専用機設計/製造を手掛ける。
1970年7月 『株式会社ロイヤル精機』を資本金200万円で設立。
ロイヤルオリジナルブランドとしてフライスなどの開発、製造/販売を行う。
1975年2月 『株式会社ジャパンロイヤル精機』に改名、資本金600万円とする。
眼鏡部品(主にテンプル)の生産設備導入、工場増設し生産開始。
1978年2月 資本金1,000万円に増資。生産強化を図る。
1978年8月 自社設備用に「横型5連スウェージングマシン」を開発。眼鏡向けに販売開始。
1980年1月 世界初の「NCスウェージングマシン」を開発。
その後、2軸ヘッドタイプの「SW-8005 Mark2」1軸ヘッドタイプの「SW-8005 B type」を発表。量産化に入る。さらに「竪型ロータリースウェージングマシン」を発表。
1984年12月 現在の下河北町に新工場を完成。全面移転する。
1985年9月 コイル材仕様のスウェージングマシン「SW-8003」を開発、発表。
以降、「SW-8003 Mark2」総形CNC研削機「G-20型」(後にG-22型)竪型スウェージングマシン「HV型」を順次開発。
1987年3月 資本金2,000万円に増資。
以降も「SW-8003 2WAY」「SW-12020型」「SW-4060型」「SW-2030型」バーフィーダーを備えたバー材仕様の「SW-8003N」を順次開発。
1996年2月 株式会社JAROCに改名。
武澤清則が代表取締役社長に就任する。
2004年3月 ISO9001の認証を取得。
(※現在のスウェージングマシン機種は「SE型」「SW-8003」、「SW-8003N」、「SW-20型」、「SW-20N」、「SW-30」、および「SW-40」に統合。用途も眼鏡向け以外に自動車部品、民生部品、医療部品、航空機部品など幅広く、スウェージング加工を中心とした各種部品の委託加工も展開。)
2019年3月 SW-8003がCE規格を取得。
SW-8003CEとしてヨーロッパへの輸出が可能となる。